食事制限とダイエット

激痩せを目指して・・・
コートハウス、テラスハウス、タウンハウス…あなたの好みはどれですか?さいたま 不動産売却ならきっとお探しの住まいがみつかります。
食事制限とダイエット

ダイエットと生活習慣

ダイエットと生活習慣

『ダイエットをする』と決意すると、よほど意思の弱い人や健康に問題がある人でない限り、体重を減らすことはそれほど難しくはありません。しかし、現実には9割の人がダイエットに失敗するとも言われています。これはなぜでしょう?それは、生活習慣を変えることが重要にもかかわらず、ほとんどの人が一時的な努力で終わっているからではないでしょうか。それどころか、ダイエットの方法が間違っていればリバウンドして更にひどい結果になってしまうかも知れません。

正しいダイエットと生活習慣

自分自身で「ダイエット中」と決めている期間の間はすごく努力するのに、思うように効果が出なかったり、目標としていた数字まで体重が落ちたのをきっかけに、いつの間にか元の生活に戻ってしまうようではいけません。ダイエットする前の体型は「元の生活」が原因で作られたものですから、これではせっかく痩せた体もやがて元に戻ってしまうでしょう。ここでは、ダイエットを成功させるための、正しい生活習慣のポイントをご紹介します。

正しい生活習慣【睡眠をしっかりとる】

あなたは毎日ちゃんと睡眠取ってますか?寝不足で毎日眠いなんて言う事、ありませんか?ダイエットしようと思ったら寝不足は厳禁です。というのもの、寝不足は太るのです。

そんなダイエットで大丈夫か?

睡眠不足でなぜ太るか

睡眠不足で眠いと、なぜ太る原因になるかといえば、それは脳との関係にあります。夜の睡眠が不足した脳は、充分に休養が取れていないため日中に眠くなります。物を食べる・飲むということは、脳に刺激が与えられますので脳を起こすことができるんです。つまり、日中眠くなったあなたは、無意識に間食をしたり飲み物を飲んだりしているはずです。よけいなカロリーの摂取はダイエットには大敵だと言う事はあなたもご存知だと思います。でも、寝不足のあなたは日中の眠くなった脳を起こすために仕方なく何か食べたり飲んだりと言う事を習慣にしているかもしれません。

睡眠不足の原因

充分な時間寝ているのに、疲れが取れない、寝た気がしないと言う事、あなたはありませんか?こんな睡眠不足の原因として挙げられるのは睡眠の質の悪さです。睡眠の質が悪いと言う事は、十分に深い睡眠を取れていないと言う事になります。つまり睡眠が浅い状態のままと言う事です。このような状態による睡眠不足が、なぜ太る原因になるかと言うとそれはホルモンの分泌による影響になり、このホルモンは「成長ホルモン」です。

睡眠不足と成長ホルモン

成長ホルモンには脂肪分解能力があって、平均的な体系の方で1日あたり300kcalの脂肪を分解してくれます。成長ホルモンがいつまで分泌されるのかと言えば、何も成長期だけではなく一生分泌され続けます。ただ、年齢を重ねることで分泌量はだんだん落ちてきて、20代を100%とすると、40代では40%、80代では5%しか分泌されなくなります。年齢とともに落ちてくる成長ホルモンの分泌量はどうすることできませんが、成長ホルモンの分泌を落とす原因は、加齢だけではなく睡眠不足にも原因があります。

成長ホルモンと脂肪分解

いびきや睡眠時無呼吸症候群などで深い眠りができないと、成長ホルモンの分泌量は通常の30%程度しか分泌されなくなります。つまり睡眠不足の場合、成長ホルモンによって300kcal分解されるはずの脂肪が、わずか90kcal程度しか分解されなくなるんです。たかが寝不足と侮ってはいけません。毎日寝不足を繰り返すことは毎日200kcal程度の脂肪が、分解されずにあなたの身体に蓄えられるということなんです。これだけであなたの体重は1ヵ月で1キロ増えていく事になります!これが1年続けば12キロとなってしまいますから、決してばかにできる話ではないことがお判りだと思います。睡眠不足はホルモンの分泌に悪影響を及ぼし、あなたが太る原因となります。毎日良質な睡眠をとることを心がければ、それだけであなたは痩せる方法を手に入れた事にもつながります。

正しい生活習慣【ながら食いをやめる】

家でまったりテレビを見てる時、お菓子をつまんだりしてませんか?読書をする時、長電話をする時、パソコンに向かう時、ジュースを飲んだり、お菓子を食べたりしてませんか?何かをしながら食べる「ながら食い」は、ダイエットにとっては天敵なんです。

ながら食いがダメな理由

そもそも食事というのは、エネルギーを補充するためにとるものですが、エネルギーが足りてるかどうか、満腹感があるかどうかを判断するのは、お腹ではなく、脳です。もちろん、お腹の膨らみ具合も、脳の判断基準のひとつではありますが、脳はそれ以外にも、目で見たもの、鼻で匂いをかいだもの、舌や歯で味わったものから、満腹感や食事による快楽を得ます。せっかく食べてても、テレビや映画を見ながら、何かをしながらの食事だと、お腹は膨らんでも、目や鼻、舌、歯から入ってくる情報が少ない分、脳が感じる満腹感が半減してしまい、同じ量を食べても、脳が満足してくれず、またすぐにお腹がすくという、ダイエット的には最悪な結果になります。

ながら食いを止める方法

逆に言えば、食事の時は食事だけをするようにして、しっかりと時間をかけて味わうようにすれば、脳が感じる満腹感がアップして、間食したい!という欲求がわきにくくなります。もちろん、いくら食事に集中するといっても、会話もしないということではなく、「食事をきちんと楽しむ」ようにするということです。

正しい生活習慣【湯船に浸かる】

忙しくてついついシャワーで済ませてしまう、という方は多いと思います。ですが、ダイエットをする上で、入浴はとても大切です。

入浴が良い理由

『温熱効果』
入浴最大のダイエット効果は、ぽかぽか暖まる『温熱効果』です。体脂肪の分解に一番効果がある温度が42度といわれているので、脂肪燃焼には少し熱めのお湯がいいってことになります。脂肪燃焼に限らず体を温めることは健康にいいですし、特に下腹部を温めることは女の人の体にはとてもいいので、入浴はダイエットをする女性なら必ず入っておきたいですね。
『血行促進』
次に、入浴によるダイエット効果は『血行促進』です。まずお湯の温度によって、毛細血管が広がります。それから、水圧が静脈の流れを助けてくれるので、ダブル効果で血行が良くなるというわけです。水圧は呼吸機能全般にも負荷をかけるので、消費エネルギーのアップにもつながるのでダイエットには最適です。

ダイエットと生活習慣まとめ

入浴に限らず、血行を良くすることがダイエットにとっても健康にとっても大事なんですが、入浴はとくに効果が高いんですね。血液は新鮮な酸素と栄養素を体中に運んで、二酸化酸素や老廃物を流し去ってくれます。体脂肪は酸素がなくては燃焼しないし、若々しい健康な細胞は栄養がなければ保てません。運動もしない、活動量が少ない、湯船にも入らないでは、脂肪が蓄積して老化してしまいます。ダイエットを成功させるには、生活習慣を改善し、体質改善していきましょう。

明日からがんばるダイエット